憧れが始まりのjavaエンジニア不足解消

映画などのドラマに感化されて、将来の仕事を選ぶといったことがよくある。
まずは興味を持つことが大切であり、その仕事に対して適性があれば、取り組んでみる意味がある。プログラマーを題材にしたテレビや映画などのフィクションドラマでは、ソフトウェアを駆使しての活躍が見られる。

実際に、ソフトウェアは現実世界で、多様な場面で使われている強力な道具である。
ソフトウェアはコンピューターを制御することができ、巨大なコンピューターシステムが社会の各地で活動を続けている。憧れからプログラマーの仕事を選ぶとしても、できるだけ有利な仕事を選んだほうがいい。javaエンジニアは、その人材不足から将来性が高い。

また、大きなコンピューターシステムの開発に関わることができる可能性があるという点でも、javaエンジニアになることの利点がある。
運がよければ、映画やテレビのドラマで登場する以上に、ダイナミックなコンピューターシステムを制御するjavaソフトウェアの開発の仕事に巡り合う可能性もある。

始めはフィクションドラマがきっかけであっても、その後にjava言語のプログラミング技術を修得し、エンジニアを目指す努力をする事は現実である。その現実を経れば、ドラマで見た憧れのプログラマーとして活躍できるチャンスが、自身の手でも掴める。
java開発のエンジニア不足を解消する意外な手掛かりが、フィクションドラマにも秘められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です